水素水生成器・水素水サーバー

携帯用水素水ボトルPocket(ポケット)の口コミ・評判・情報等

投稿日:2014年6月3日 更新日:

美味しそうな水

水素水はよく販売されていますが、どれを買ったらいいか分からない、もしくは長いこと飲み続けることを思うとパックの水素水がコストパフォーマンスが悪いことに気づいた方に朗報です♪
この水素水ボトルは色々な面でオススメなのでみていきましょう。

携帯用水素水ボトルPocketの公式ページはこちら

持ち運びに優れた設計

Pocket(ポケット)は携帯用をメインの売りとしているので、持ち運びに便利です!

例えば他社製品や従来のものだと、、

従来の携帯用水素ボトルだったら横にすると水漏れしてしまう・・・

ねじフタ式でしっかり密閉しているのでカバンの中に入れても安心♪

分解しても洗いにくく、濡れてはいけない部分がぬれてしまいすぐにこわれてしまう・・・

簡単に分解して洗えるのでいつも清潔に保つことができます。やはり口に触れる物なので綺麗に使いたいですものね。

持ち運べても数回使用しただけで充電が切れてしまう・・・

1回の充電は3時間程度で終わり、40〜50回は使用できるので旅行先などでも安心して使えます。また充電1回にかかる電気代はわずか2円という省エネ。

一番重要な点「水素量」

水素水を飲むにあたり一番考慮しないといけない点、、それは「水素量」です。水素は時間が経てば抜けてしまいますし、中には水素水と謳っておきながら水素の入っていないものや、ほんの少ししか水素がふくまれていないという粗悪品があります。水素は匂いも味もないため消費者目線ではなかなかわかりにくいという点があるのです。

Pocket(ポケット)は検査もしっかりと行い、水素量を明示しています。
スイッチを1回押すと10分後で400ppb、スイッチ2回(20分後)で646ppb、スイッチ4回だと(40分後)750ppbという数値がでています。

水素量

活性酸素の水素水による中和には、200ppb以上の水素濃度が最低限必要であるとされています。
研究のデータによると、400ppb以上の水素水がパーキンソン病に対して最も高い効果を示したという結果もあるそうです。
上記の点から考えても、Pocket(ポケット)の作り出す水素量は1回スイッチを押しただけでも十分ということが分かりますね。

実際の水素発生動画

パックの水素水やボトルなどは元々水素が入っているという状態で売られているので実際に水素が入ってるの?!と気になったりすることもあるでしょう。Pocket(ポケット)では普通の水を入れてスイッチを押すと10分かけて水素水へと変身していく姿がみることができきて安心です。ポコポコと泡が出てくるのが見えてなんだか見ていても飽きないです 笑

実際にスイッチを押したらどうなるかを動画で撮ったので参考にしてみてください♪

動画で見るよりも実際はもっと泡がポコポコ出てきています。(動画の色が変わるのはポケットの真ん中で光っている照明の影響です)

ランニングコストがないので長い目でみるとお得

水素水を買うかで悩む時のポイントに値段がありますよね、パックの水素水は1個当たりはとても安く、水素水サーバーなどはとても高く感じると思います。それはもちろん前者が1個数百円〜で後者は何十万円とかしたりするので当然ですよね。。
けど、ランニングコストで考えないといけないのは、1個当たりの値段ではなく、トータルのコストです。水素水を飲もうと考えた時点で1ヶ月だけとかではなく数年単位で継続的に飲もうと思っていますよね?
1年間飲み続けることを前提に考えてみると、、、(1日2本飲むとする)
水素水パック500ml(@300円の場合)だと
300円×2本×365日=219,000円
水素水ボトル310ml(@150円の場合)だと
150円×2本×365日=109,500円
となるところが、
Pocket(ポケット)だと、最初の購入代金である54,000円のみです。
それ以外でかかるのは40〜50回に一度かかる充電の電気代(1回あたり2円程度)です。

長期で飲もうと考えている人にとっては圧倒的にコストが少なくて済みますね。

利用者のコメント

口コミ1

口コミ3

口コミ2

3年間の無料保証付

長く使う物なのでメーカー保証の1年だけだと不安ですよね、、販売元の追加の2年保証があるので安心して長く使っていくことが出来ます♪

色々な水素水を見てきましたが、これは自信を持ってオススメできますね♪

携帯用水素水ボトルPocketの公式ページはこちら

-水素水生成器・水素水サーバー

Copyright© 【決定版】水素水おすすめ比較ランキング - 水素水生活やってみた , 2018 AllRights Reserved.