水・ミネラルウォーターの基礎知識

地層別の水の性質の違い~地層によってミネラル含有量は変わる!

投稿日:2016年6月6日 更新日:

地層が違うと水が変わる

上空から降り注いだ雨や雪は地層に染みこみます。そして、長い年月をかけて地層内を移動し、その最中にゴミや汚れなどが濾過され、地層内に含まれているミネラルを吸収します。これがいわゆる「天然水」です。

よって、天然水がどのような地層を通過したのか?によって水の性質は大きく変わります。(つまり、採水地を見れば水の健康効果がある程度分かると言っても過言ではないという事です。)

この記事では、日本の地層がどのような特徴を持っているのか?代表的な地層の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

日本の地層別の水の性質特徴まとめ

藤田紘一郎氏の著書「体をつくる水・壊す水」において、日本の代表的な地層別の違いが以下のようにまとめられています。

ちなみに、水の性質はカルシウムとマグネシウムを中心とするミネラルの含有量・率がどうなのか?によって変わります。
地層名 特徴
堆積岩地域 カルシウムもマグネシウムも比較的多めに入っている
石灰岩地域 特にカルシウムが豊富
玄武岩地域 カルシウムに対してマグネシウム比率が高め
花崗岩地域 カルシウムに対してマグネシウム比率が低め

個別のミネラルウォーターのHPやラベルを見ると、「玄武岩地域を通った水です」とか「石灰岩地域を通った水です」なんて事が書かれてあります(書かれていない事も有りますが)。

これらの表記も銘柄選びの参考にすると良いでしょう。まぁ個人的には地層別というよりは、個別の銘柄のラベルをキッチリとチェックして選ぶのが良いと思っていますけどね^^

特徴的な水を紹介

個別の水の特徴なんかは「ミネラルウォーターのレビュー&比較」カテゴリーで紹介しているので、詳細にはそちらを参考にして下さい。

ここでは、簡単に特徴的な水を紹介しておきます。

①愛媛県四国カルストのぞっこん

四国カルストぞっこん

四国カルストの天然水は鍾乳石の間から湧き出ている水の事で、カルシウムを豊富に含んでいる事が特徴です。

カルスト台地は地層としては「石灰岩地質」です。

また、ケイ素やバナジウムなど珍しいミネラルも含有されています。軟水の多い日本では、珍しく硬度107mg/Lと日本基準においては「中硬水」に分類されます。

加えて、加熱処理されること無くボトリングされていますので、水本来の味を楽しめます。

ぞっこん四国の詳細

②島根県浜田市の金城の華

金城の華は、地下300mの花崗岩層から噴出している水をボトリングしたミネラルウォーターです。軟水の水ですが、ミネラルをバランス良く含んでいますし、炭酸水素イオンが豊富に含まれているという情報も有ります。

こちらも「非加熱」のままボトリングされているので、活性を失っていない水を飲んでみたい方におすすめ。

③宮崎県霧島山系のシリカ天然水

霧島山系の水と言えば、水素水の原料としても使われている事も多い水です。霧島山系の水の特徴は「火山岩」を通過していることです。

霧島山系の水

火山岩を通過した水には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの他にも「シリカ」「バナジウム」「サルフェート」など多種多様なミネラルが含まれています。

霧島シリカ天然水の詳細はこちら

【参考】水の性質(「硬水」or「軟水」)による使い分け

水の性質による使い分けとして代表的なものは、やはり「硬水」か「軟水」かによる区分です。

①健康効果等の観点から使い分ける

水の特徴はミネラルの含有量によって決まってきます。そのため、ミネラル含有量が違う水を飲めば、体に与える影響も変わってくると言われています。体の半分以上は水で出来ている訳ですから、当然の事といえば当然です。

水を飲む美少女

例えば、以下の様な感じで目的別に使い分けている人もいます。

  • 便秘解消したいなら・・・マグネシウムが豊富な超硬水を飲んで便秘解消
  • 動脈硬化を予防したいなら・・・カルシウム豊富なアルカリ性の水
  • ダイエットしたいなら・・・カルシウム豊富な超硬水

詳細は下記記事をどうぞ。

水の効果総まとめ!目的別のミネラルウォーターの選び方

②料理を美味しくする観点から使い分ける

一般的に和風料理は「軟水」、洋風の料理には「硬水」が合うとされています。また、飲み物に関しても「硬水」「軟水」を使い分ける事で、更に細かな味が楽します。

料理

水道水とはひと味違う味を楽しめるので、たまにはミネラルウォーターで料理してみるのも良いかもしれません^^

硬水が合う料理・軟水が合う料理
お茶やコーヒーに合う水

【番外編】赤ちゃんのミルクは軟水の方が良い?

硬水・軟水を使い分けられるようになると、料理にも幅が出て非常に楽しくなってくるのですが、赤ちゃんのミルクに関しては、原則として「軟水(水道水)」を利用するようにしましょう。

ミネラルウォーターの方が体に良いんだから粉ミルクを作る時もミネラルウォーターで良いよね!と思いがちですが、そもそも日本のメーカーが作る粉ミルクは、水道水で調乳する事を前提に作られています。(成分しかり安全基準しかり)。

赤ちゃん

ミネラルウォーターを使ったからといって、直ちに赤ちゃんの健康に悪影響が及ぼされる訳では有りませんが、メーカーが想定する成分バランス等にならない可能性も有り得ます。赤ちゃんの事を考えるなら水道水を使った方が良いかもしれませんね。

詳細は⇒ミネラルウォーターでミルクを作ってもよいですか | 明治 | Q&A を御覧ください。

なお、明治は硬度に関して【120mg/L以下(出来れば60mg/L以下)が望ましい】と書いています。お住まいの地域の水道水の硬度はこちらの記事を参照のこと。

まとめ

上記のように、水は地層によって性質が変わります。性質が異なる水が複数あるという事は、我々はそれらの水を使い分ける事が出来るという事です。

是非色々な水・ミネラルウォーターを飲んでみて、自分にとって最良の水を探しだしてみましょう!

-水・ミネラルウォーターの基礎知識

Copyright© 【決定版】水素水おすすめ比較ランキング - 水素水生活やってみた , 2018 AllRights Reserved.