水素と水素水について

水素水の効果的な飲み方と効果が現れるまでの期間の目安

投稿日:2016年6月8日 更新日:

水

水素水と言っても水なので、自分が飲みたい時に飲むのが一番簡単でお手軽です。

しかし、美容効果や健康効果を期待して飲む人の中には「どういう風に飲めば効果を最大化出来るのか?」「いつ飲めば効果を高められるのか?」が気になる方も多いようです。

そこで今回は、水素水の効果を最大限に発揮する飲み方、効果が現れるまでの期間の目安についてまとめていきます。

スポンサーリンク

水素水の効果的な飲み方

水素水の効果的な飲み方はズバリ「一定量を一気に飲むこと」です。

水素水を一気に飲む女の子

なぜ一気に飲むのが良いのかというと、小分けにしてチビチビ飲むよりも、相当量の水素が含まれた水素水をグイッと飲んだ方が遺伝子のスイッチ(*1)をオンにしてくれる事が分かっているためです。

*1 遺伝子のスイッチにも色々と種類が有りますが、たとえば長寿遺伝子であったり脂肪代謝を促す遺伝子のスイッチなどが水素によってオンにされる事が分かっています。

一定量の目安がどれくらいかについては、人によって活性酸素の発生量が違うので一概には言えませんが、水素医学の権威太田先生によれば1日あたり300ml~500mlが1つの目安になるとの事でした。

小分けにせず一気に飲み切る=水素が抜けるのを防ぐ

水素は、時間が経てば経つほど抜けていきます。水素水をコップに注いでから3時間位経過すると、溶存水素が半分になります。元々の水素量が少ない商品だと、3時間後にはもうほとんど水素が入ってない!なんて事にもなりかねませんので、溶存水素量もチェック。

また、水素が完全に抜けてしまった水素水はタダの水ですので、悪玉活性酸素を除去する力は有りません。なので、水素が抜ける前に基本的には一気に飲んでしまいましょう。(ちなみにコップに注いで半日もすればほとんどの水素が抜けてしまいます。)

アルミパウチの水素水

もし、小分けにして飲むのであれば、アルミパウチ式の水素水商品を選びましょう。アルミパウチ式であれば、水素水が空気に触れないように再密閉することが出来るので、水素量の減少を最小限に抑える事が出来ます。

ただ、アルミパウチ式と言えども完全に水素が抜けるのを防ぐのは難しいので、一度開封した商品に関しては1時間以内には飲み切ることを心がけて下さい。

水素を飲む日を決めて一気に飲むのも有り!

悪玉活性酸素は何かしらの理由で毎日発生するものなので、出来れば毎日水素水を飲んで活性酸素の除去を図った方が良いです。

しかし考え方によっては1週間に1回or2回程度、「今日は水素水を沢山飲むぞ!」という日を決めて水素水を継続するのも有りかもしれません。目安としては週1回~2回程度、600ml~1,000mlの水素水を1日で摂取する感じですね。(1日2回にかけて一気に飲むのが良いでしょう。)

実際、臨床試験でも1日当たりの摂取量を1,000ml程度にして実験している事が多いです。コレはそれくらい大量に飲んだ方が、体にとって良い効果が出る事が分かっているからです。

水

また、1週間に1,2回程度ならお財布的にも優しいですよ。少し価格が低下してきたとは言え、水素水飲料はまだまだ高いです。1ヶ月分で7,000円~8,000円程度かかるのが普通ですよね。

でも、週1,2回だけ飲む!というスタンスなら、1ヶ月当たりの消費金額をその半額くらいに抑える事が可能になります。金銭的な余裕が無い人にもオススメの飲み方ですね。

一気に飲んでも副作用は無い

水素水は一気に飲みましょう!と言うと、「そんなに沢山水素を摂取したら副作用とかが恐いんじゃ・・・?」と不安がられる人がいますが、その点については心配有りません。

余分な水素は呼気等から体外へ出てしまいます。従って摂り過ぎによる副作用の心配は有りません。

その他水素水を飲む時のメモ書き

水素水は一気にドカン!と飲むのが良いことが分かりましたね。

以下では、効果を高める訳では無いけれど、水素水を飲む時にちょっと耳に入れておいて欲しいことを簡単に紹介しておきます。

高齢者は温かくして飲むのも有り

一般的に冷たい水は体に良くないと言われています。冷たい水は胃腸へ過度な負担をかけることになるので、消化不良を引き起こしたり、免疫力を低下させたりする等など・・・etc。

特に、高齢者になるとその影響は顕著に出てきます。よって高齢者の人は冷たい水を飲むのではなく、温かい水を飲むようにしましょう。

水を飲む高齢者

水素ガスはその他のガスと比べても水に溶けやすい性質を持っています。もちろん、沸騰させてしまうと完全に水素が抜けてしまうので意味が有りませんが、湯煎で80度くらいまで温めるレベルであればそこまで水素は抜けません。

料理に使うのはNG

水道水ではなく、ミネラルウォーターで米を研いで炊くと、ご飯が滅茶苦茶美味しくなる!と言うのは有名な話(参考:硬水に合う料理・軟水に合う料理)ですが、水素水に関しては料理に使っても意味が有りません。

ダシを取る料理の代表格:味噌汁

なぜなら・・・

「水素が抜けてしまうから!」

水素水にレタスとか玉ねぎを浸しておくと、多少の水素は浸透?するかもしれませんが、ほとんど摂取しても意味が無いレベルでしょう。お値段の高い水素水をそんな無意味な事に使うよりは、飲料水として一気にグイッと飲んだほうが得策です。

水素水を飲んで効果が現れるまでの期間は?

水素水の飲用をどれくらいの期間続ければ、水素水の効果を感じられるようになるのか?

非常に気になる部分だと思いますが、コレに関して明確に回答する事は出来ません。

悪玉活性酸素が大量に発生している50代・60代の人であれば飲み始めて1日目で何らかの変化を感じるかもしれません。その一方で、自力での活性酸素除去能力が非常に高い"10代の若くて健康な人"が水素水を飲んでも中々効果は現れないかもしれません。

このように、水素水の効果は、水素水を飲む人がどんな人なのかによって大きく変わるので一概には言えないのです。

効果が現れるまでの期間

但し、2ヶ月間継続して飲み続けたことにより体質の変化を感じるようになった!(*)と言っている人が多いようですので、1つの目安として2ヶ月という数字を頭に入れておいては如何でしょうか。

* 水素水とサビナイ身体P96より 著書:太田成男 発行社:小学館

また、こちらの記事でも書いているように、人間の体液は概ね3ヶ月~4ヶ月程度で全て入れ替わるようですので、3ヶ月あるいは4ヶ月を1つの目安として考えるのも良いかもしれませんね。

市販の優良水素水の原材料は、健康効果の高いミネラルウォーターを利用している事が多いので、飲用水を良質な水に変えた!という観点からも体調に良い変化が現れるかもしれませんからね。

まとめ

長くなってしまったので、この記事の要点を以下で簡単にまとめておきます。

  • 水素水は一定量(300ml~500ml)を一気に飲むと遺伝子のスイッチをオンに出来るので効果的
  • 水素は時間が経つと抜けるので早めに飲みきろう
  • 沸騰させると水素が抜けちゃうのでグツグツ沸騰させるのはNG
  • 水素水の効果を感じたかったら最低でも2ヶ月程度は継続したい
注:当記事は水素水の効果効能を謳うものでは有りません。

-水素と水素水について

Copyright© 【決定版】水素水おすすめ比較ランキング - 水素水生活やってみた , 2018 AllRights Reserved.